[お知らせ]9/1(火)~第6回 エキナカ書店大賞受賞作展開中!

お知らせ

駅の中の本屋「ブックエキスプレス」の書店員全員が、自分で読んで「面白い!」「お客さまにも薦めたい」と思った本を選ぶ「エキナカ書店大賞」。
第6回目となる今回の大賞受賞作品は『扼殺のロンド(小島 正樹著)』に決定いたしました。
2015年9月1日(火)から9月末日頃までブックエキスプレス・HINT INDEX BOOKにおいて『扼殺のロンド』を展開しております。
通勤・通学のお供にいかがでしょうか?

第6回エキナカ書店大賞受賞作 紹介

■書名
 『扼殺のロンド』小島 正樹著
■出版社
 双葉社(双葉文庫)
■定価
 750円(税込)
■発行
 2014年4月10日
■内容
女は裂かれた腹から胃腸を抜き取られ、男は冒されるはずのない高山病で死んでいた。
鍵のかかった工場内、かつ窓やドアの開かない事故車で見つかった二つの遺体。刑事たちの捜査は混迷を深める。
その後も男女の親族は、一人、また一人と「密室」で不可解な死を遂げていく―。
読み手を圧倒する謎の連打と、想像を絶するトリックに瞠目必至の長編ミステリー。



関連サイト