エキナカポータル 駅周辺の店舗を活用するためのポータルサイト

[お知らせ]12/13(水)JR東京駅・京葉ストリートに“地方生産者とお客さまをつなぐ”お店が新たにオープン

お知らせ

2017年12月13日(水)11時よりJR東京駅構内にある商業施設「京葉ストリート」の刷新プロジェクトとして、“地方生産者とお客さまをつなぐ”ことをテーマにした地元食材にこだわった駅弁やおむすびを提供する3店舗を新たにオープンいたします。

「格之進TSB」(12/13新規オープン)

年間200万人を動員する日本最大級の肉イベント「肉フェス」において3年連続年間販売額No.1の株式会社門崎の店舗「格之進(かくのしん)」が駅弁新業態「格之進TSB(ティー・エス・ビー)」で初出店。
岩手県地元食材にこだわった選りすぐり4種類の熟成肉弁当を販売開始。


■段違い肉膳(税込2,929円)  
熟成肉特製そぼろ丼、黒酢煮込み熟成肉丼、熟成肉焼肉丼が3段セットになった「段違い肉膳」。
熟成肉の様々な“表情”を楽しめる他に類をみない肉尽くしの逸品。

■肉万両(税込2,160円)
自然豊かな環境から生み出された確かな原材料と技術、そして生産者の情熱でできた格之進ハンバーグ、熟成肉特製そぼろご飯に加え、パプリカ&角切り熟成肉、熟成肉黒酢和えが含まれた究極の一品。 

■段違いハンバーグ(税込1,404円) 
格之進自慢のハンバーグと熟成肉特製そぼろご飯の贅沢な一品。

■肉畑弁当(税込1,080円)
そぼろご飯の上にパクチーやパプリカなど岩手県生産者のこだわり野菜を花畑のように敷き詰めたより体に優しい一品。

「TSUKADA FARM TOKYO」(12/13新規オープン)

生産者の顔が見える食材を使用した手作り弁当を販売している株式会社塚田農場プラスが、京葉ストリートに東京駅限定の新ブランド「TSUKADA FARM TOKYO」を出店。
厳選された食材を使用し、生産者の想いこだわりを詰め込んだ駅弁を販売開始。
当店舗オープンに合わせ、全国各地の生産者とともにおかず一品一品を作り上げた”生産者と一緒に作った幕ノ内弁当”を数量限定で販売。
その他にも、当店限定販売のお弁当を提供。


■生産者と一緒に作った幕の内弁当(税込1,580円)
本商品は、宮城県女川町の鈴木さんのブランド鮭「銀王」や、宮崎県のえのき農家「加藤えのき」のトマトソース、山形県の大沼さん目利きの「山形牛」など、一つ一つのおかずに生産者のこだわりを込めた、想い溢れるお弁当です。

「おむすび 百千(ももち)」(12/13リニューアルオープン)

47都道府県のご当地メニューを表現したおむすびを一堂に揃え目と舌を楽しませる店舗「おむすび 百千(ももち)」。
オープンを記念して新商品「牛沢米沢牛」を京葉ストリートで限定発売。
全てのおむすびに 特Aランクの長野県飯山産みゆき「幻の米」を使用。


■牛沢米沢牛(ぎゅうたくよねざわぎゅう)おむすび(税込290円)
中には米沢牛のそぼろを詰め込み、おむすびの上には甘辛だれを絡ませたこま切れの米沢牛を乗せ、米沢牛の旨みを存分に堪能できる一品。
価格も「にく(29)」に合わせ290円と粋な心遣いが嬉しい。

関連サイト